クレジットカード限度額

無担保で買い物やキャッシングができるクレジットカードは便利ですね。ただ、クレジットカードには限度額があり、限度額の範囲内でしか買い物やキャッシングはできません。一般カード(クラシックカード)でも長く利用していると限度額は高くなりますが、カード申込み当初は限度額が低く使いにくいこともあります。

クレジット限度額とは

クレジット限度額

クレジット限度額というのはクレジットの与信枠とも言われ、クレジット利用者が借りられる金額の上限です。たとえば、クレジット限度額が10万円だとすると、8万円のスーツを買ってしまうと翌月の返済日までは限度額の残り(10万円-8万円=2万円)しかクレジットで買い物は出来ません。
ただ、カード会社によっては多少の融通は利くようで、少額であれば限度額を少々超えても承認されるようです。

クレジット限度額にも種類があります

クレジット総利用限度額
クレジットカードの限度額はカードグレードにより違いますが、一般カード(クラシックカード)で5万円~50万円、ゴールドカードで50万円~300万円程度が一般的です。
一般カードでも返済遅延などのクレジット事故がなければ、長く利用していると利用実績に応じて50万円~100万円程度に引き上げられます。
キャッシング利用限度額
クレジットカードにはキャッシング機能が付いていることが多いです。クレジット総利用限度額の内枠としてキャッシング限度額が定められています。カード利用初期の限度額は2万円~20万円程度ですが、キャッシング限度額もクレジット事故などのトラブルがなければ、次第に引き上げられます。
キャッシング利用限度額はクレジット総利用限度額に含まれ、総利用限度額が10万円で5万円のキャッシングを行うと、クレジットでの買い物枠は5万円しか残らないことになります。
特定商品限度額
クレジットカードの中には、特定の店舗やサービスに対して別途利用限度額を定めているカードがあります。
たとえば、JALカードではJALグループで航空券を購入するときは、提携のクレジット限度額とは別にJAL加盟店向け限度額を定めています。このJAL加盟店向け限度額は30万円~200万円程度と高く設定されているので、提携クレジットカードで多少高額商品を購入した場合も余裕があります。

クレジット限度額を引き上げる方法

限度額を引き上げる

始めてクレジットカードと申込むとクレジット限度額が低いことがあります。ちょっとした買い物をするにも、10万円程度の限度額では使いにくいですね。そんなときは、クレジット限度額の引き上げにトライしてみましょう。

限度額引き上げこんな方法もあります

限度額引き上げをカード会社へ依頼
クレジット限度額を引き上げる方法の一つに、カード会社に電話などで限度額の引き上げを依頼する方法があります。意外なようですが必要書類などを提出すると認めてもらえることはあります。なお、海外旅行へ行くなど限度額引き上げの明確な理由がある場合はその旨を伝えると、旅行期間だけ限度額を引き上げてもらえます。
利用実績を積む
クレジット限度額を引き上げる正当な方法としては、クレジットカードをよく利用することです。たとえば、限度額が10万円であれば10万円近い利用を数ヶ月続けることです。もちろん、きちんと毎月返済することが必要ですが、数ヶ月後にはカード会社からカード利用限度額の引き上げ通知が来ることでしょう。
カード会社から限度額引き上げ通知がこないときは、こちらからカード会社に限度額引き上げを依頼してみましょう。
繰り上げ返済を行う
クレジットカードのキャッシング利用が多い方なら、繰り上げ返済をしてみましょう。カード利用者は資金的に余裕があると思われるので、クレジット限度額を引き上げてもらえる可能性が高まります。

クレジット限度額はカード会社が利用者のクレジット審査を行い決めることですので、簡単には引き上げてくれません。地道にあなた自身の金銭的信用を高める努力をしましょう。
(参照:クレジットの審査とは

クレジットカードの種類

カードランキング

クレジットカードお得情報

ゴールドカード

クラシックカード

ローンカード

ガソリン系カード

お知らせ